産業廃棄物を出さない、メンテナンスフリーを実現した多年性植物による、生きた防草緑化工法がある!?

11月満開のイソギク

菌根イソギクとは

イソギク(キク科キク属)は、主に茨城県から静岡県にかけての海沿いに生息する海浜植物で、外来植物ではなく、日本固有の在来植物です。緑化植物は外来種が多いですが、イソギクは日本にしかない在来種です。

イソギクは、草丈30~40cmの多年性常緑草であり、1年中緑を維持します。
さらに、毎年10月下旬より12月中旬にかけて黄色い花を一面に咲かせてくれます。

海浜植物ということもあり、
乾燥が厳しくても! 肥料がなくても! 海水を被っても! 酷暑でも! 寒くても! 雪が降っても! 日陰でも! 
などの、あらゆる悪環境に耐えることができるすごい!マジカル植物なのです。

しかも、そんなイソギクに菌根菌という共生菌の一種を根に共生させたことにより、菌根菌は植物の根では到底届ない広い範囲に菌糸を伸ばし、広い範囲から水・養分を吸収し、しかもイソギクへと提供してくれるのです。そして、イソギクはお礼に葉で日光を浴びて光合成したデンプン・糖を菌根菌へとおすそ分けすることにより、共生関係が成り立っています。自然そのままの生態系を維持しながら、どんな悪環境にも負けないスゴイ植物に変身したイソギク、それが「菌根イソギク」なのです。(特許取得済)

菌根イソギクの特長

  •  イソギクは日本固有の在来種のため、日本の植物生態系に悪影響を及ぼさない
  •  常緑多年生植物のため、一度植えるとずっとその場で緑を提供してくれる
  •  耐乾性、耐暑性、耐潮性、耐貧栄養性などの環境ストレスに驚異的に強い
  •  一度植えると、水やり・施肥などのメンテナンスは不要
  •  半年~1年程度で密生する
  •  タネでは増えず、地下茎で増えるため、よその土地に飛んでいかない
  •  防草シートなどの化学繊維を使わないため、産業廃棄物を出さない
  •  除草剤などの化学有害物質を使用しない

菌根イソギクは2つの効果で雑草を抑える!

・ 素早い全面被覆で日光を遮断して、他の雑草を抑制
    これは他の雑草抑制用植物でも、よく聞く効果ですね!

・ 根から生育阻害物質(アレロパシー物質)を分泌して、他の雑草を抑制
    これは発芽を抑制する効果のみを発揮するので、以前から植えてある植物には全く害がない!

もちろん! 菌根イソギクにも弱点があります!

  • 田んぼのような湿地では枯れないが、生長もしない
  • 土があればどこまでも地下茎で伸びていく(仕切りが必要)
  • 街灯などの下では、開花が遅れる
  • シカに食べられる

どういうところに菌根イソギクを植えるといい?

菌根イソギクは、ただの防草だけを目的とした場所よりも、防草と緑化を同時に行いたい場所に向いています。

  • 道路などの中央分離帯・路側帯・法面・街路樹植栽升
  • 高架道路下
  • 自動車専用道などのアイランド・環境施設帯
  • 建築物・施設周辺や駐車場の緑地帯
  • 太陽光発電所敷地内
  • 基地局などの無人施設敷地内

など、菌根イソギクの植栽による雑草の抑制と緑化を両立させたい場所に向いています。

菌根イソギク 防草 緑化

お問い合わせ

アイキ樹木メンテナンス株式会社       

E-mail: aikijumoku@outlook.com

TEL:0545-64-8426 (本社 静岡)

TEL:022-743-5096 (支社 東北)

TEL:050-3718-2743 (全国対応)

メール・お電話にてお気軽にお問い合わせください!